しゃべくり

レイ「あづーーーーい……」
クロス「梅雨だからなあ」
ルーノ(つゆ?)

レイ「お、梅雨を知らない顔だねルーノ!教えてやるよ!」
ルーノ「このジメジメした空気のことをツユっていうのか?」
クロス「合ってるような、合ってないような……」
レイ「ナベリウスなんかが顕著だぜ。雨ばーっか降って熱くてじめーってなんのさ」
ルーノ「確かに、最近服がまとわりつくような感じだな。長袖だから余計そう感じるのかもしれない」
レイ「ルーノ!いい機会だから半袖にしてみようぜ!絶対似合うよ!」
ルーノ「別に構わないが、俺は長袖しか持っていないぞ」
レイ「うーーーんアタシも金欠だし……」
クロス「俺は使う先が決まってるしだめだな」
レイ「スイーツ?」
クロス「ああ」
レイ「クロスが買ってくれるってさ!」
クロス「ぶっ飛ばすぞ!!」

ルーノ「まあ、なければないで別にいい」
レイ「えーーーなんでだよーーー。絶対着た方がいいってー」グイグイ
クロス「人の髪の毛で遊ぶんじゃない」
レイ「うるせー!半袖も買えないビンボーやろうがえらそうに指図すんじゃねー」
クロス「どの口が言ってんだ!」
ルーノ「服といえば、アークスはやたら素肌を見せる格好をしたのが多い気がするが、あれもこの時期に備えてのことなのか」
レイ「いや、それは違うと思うぜ……」
クロス「あいつら凍土だろうとどこだろうとあの格好で突っ込んでいくからな」
ルーノ「よく凍死しないな」
レイ「ま、アタシたちよっか強い奴なんざごろごろいるってことだろ。ルーノなら張り合えるかもだけどな!」
ルーノ「仲間と張り合ってどうするんだ?」
レイ「いやまあ、ほら。強いってかっこいいじゃん!」
ルーノ「そうか」
レイ「どうでもいいですみたいな返しすんな!かっこいいったらかっこいいんだよ!」
ルーノ「そ、そういうつもりは」
クロス「ま、ルーノは戦うのはあんまり好きじゃないんだし、その辺の価値観が違うのも無理はないだろ」

レイ「最初梅雨の話だったのにすっげえそれたなあ……」
クロス「そんだけ暇なんだろ」
ルーノ「今日は仕事はいいのか」
レイ「いーよ、こんな日に仕事なんかやってられねーだろ……」
クロス「こんな日は、家にこもって甘いもの食べまくるのが一番だ」
レイ「糖尿病で死ね」
ルーノ「俺も食べていいか」
クロス「モチのロン」
レイ「……あたしも食べたい」
クロス「糖尿病で死ね」
レイ「ウガーーーーー!!!ぶっ殺す!!!」
クロス「暴れるんじゃないこんな狭い部屋でーッ!!」


おしまい
スポンサーサイト

COMMENT 0