たなばたのあと

ルーノ「良い眺めだった」
レイ「朝まで帰ってこないってどういうことだよ!!」
ミラ「……」

ミラ「……」
クロス「お前、何かいいことでもあったな」
ミラ「……」
クロス「それもかなりいいことのようだ」
ミラ「え、あ!?私に言ってるのか!」
クロス「ふ、その焦りようだと図星のようだ」
ミラ「……何を勘違いしているのか知らないが」
ミラ「今お前に気づかなかったのは、確かに私が考え事をしていたせいもあるが」
ミラ「それ以上にお前の影が薄すぎるからだ。それこそそこらへんの空気とさして変わらないくらいに」
クロス「こりゃまたえらい言われようだ……」
クロス「で、彦星には会えたか?織姫さん」
ミラ「だっだだだだっだから訳の分からないことを言うな!!ぶっ飛ばすぞ!」
クロス(レイ以上にわかりやすいな)

レイ「ルーノ!報告所書き終わった?」
ルーノ「いや、まだだ」
レイ「時間かかりすぎだろ……」
ルーノ「どうも難しくてな……少し、手伝ってくれないか」
レイ「 お っ け ! ! ! ! ! ! 」
レイ「まったくもーしょうがないなールーノはー」
レイ「アタシがいないと、アークスの仕事はまだまだって感じかな!」
ルーノ「そうだな」
レイ「よし、おしまーい!」
ルーノ「は、早いな」
レイ「ちょろいもんさ!さっ、とっとと提出して飯食いにいこ!」
ルーノ「わかった」

ミラ「……」
クロス「ストーカーか?」
ミラ「うわ!」
ミラ「後ろからいきなり声をかけるな……」
クロス「ストーカーか……」
ミラ「違うわ!」
クロス「声をかければいいだろうが」
クロス「そんなこそこそとしていてもルーノは気付かないぞ」
ミラ「だ、誰がコソコソなど!」
クロス「してたわ」
ミラ「……」
ミラ「そうは言っても……楽しそうに話しているところに」
ミラ「横からズカズカ入り込むのは図々しいだろ」
クロス「いや、お前レイが来るよりずっと前からルーノの様子見てただろ」
クロス「レイは気にも留めなかったみたいだが」
ミラ「うう……」
クロス「七夕の夜にあったことを思いだせよ」
クロス「お楽しみだったんだろ」
ミラ「違うわ!」

レイ「今日はアタシのおごりな!好きなの頼んでいいぜ!」
ルーノ「いや、お金なら俺ももっている」
レイ「いーから遠慮すんなって!先輩のシゴトってやつさ!」
ルーノ「そうか……じゃあ、森林マグロのカルパッチョ、海鮮スープ、あと砂漠カニのコロッケ」
レイ「おっけー、すいませー」
ルーノ「あと採掘場跡ウナギのうな重、海岸ハギの塩焼き、デリシャスバーガー、遺跡サケの果実ソースかけ、東京マダイの照り焼き、肉野菜いためにマリネにお刺身、東京風ハンバーグ、食後にショートケーキを3つ」
レイ「……」

ミラ「な、なんて量だ……二人であんなに食べるのか」
クロス「またストーカーじみたことを……」
ミラ「お前だってついてきてるだろうが!」
クロス(面白いからな、コイツ)
クロス「ま、それはさておくとして、あれは多分ルーノ一人の量だな」
クロス「今運ばれてきたあっちの料理がレイの分だろ」
ミラ「ルーノの胃はブラックホールかなんかなのか……?」

ルーノ「よし、仕事だ」
レイ「午後は海岸探索からー」

ミラ「食べてすぐ仕事するのか……!?」
クロス「以前はレイも驚いてたけど、あの様子だともう最近は慣れてるみたいだな」
ミラ「慣れてる……つまりルーノはああいう生活サイクルなのか」
クロス「ああ、まあ」
ミラ「……」

レイ「オラオラオラオラア!」
レイ「ナメンナコノヤロー!」
レイ「スッゾコラー!」
ルーノ「……」

ミラ「うるさいのと静かなヤツの対比がすごいな……」
クロス「レイが敵と戦うときやかましいのはいつものことだ」
ミラ「二人とも戦うのが好きなのか?」
クロス「ま、レイは見ての通りほとんど戦闘狂といっても差し支えない」
クロス「ルーノは真逆で、必要のない戦いはしたがらないな」
クロス「お前さんの時だってそうだったろう」
ミラ「……」

ミラ「うん」
クロス「……?」
ミラ「よくわからないヤツだ、ルーノは」
クロス「まあ、あまり自分のことを話したがらない……というより、話せないからな」
ミラ「だから、うかつに声をかけてヤブヘビになったらまずい!私の行動は間違ってない!」
ミラ「声をかけるのは、もうちょっとルーノについて理解してからにしよう!」
クロス「一生やってろタコ」

おしまい
スポンサーサイト

COMMENT 0