スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタシースターシリーズをプレイしてきて思ったこと

こんばんは!Akです!

今日も日付以内の更新は無理でした、戯言で澄ませます!
いや、しょうがないんですよ!本当はエレさんとミカン君の新キャラ、スドー君とともに取ったラスボス風徒花動画をアップしておーしまい!って予定だったんですが、異常終了しまくりでちっとも出力されやしない。

ということで今日は表題のテーマに沿ってつらつらと書いていきます。

唐突ですが、私はファンタシースターシリーズをそれなりに長くプレイしています。
私がファンタシースターシリーズに出会ったのは、PSO(ファンタシースターオンライン)が初めてでした。
忘れもしない、小学校6年生の頃です。
友人に面白いゲームがある!と誘われ、オフラインマルチをプレイしました。
やり始めた当初は、ホラーゲームか何かと勘違いしてウルトラビビりながらプレイしていましたね

ファンタシースターシリーズといえばセガ・マークⅢ/マスターシステム、メガドライブとかその辺の古いふるーい(ぶち殺されそう)時代から続く由緒あるゲームですね。
その頃を知り、そして今でもファンタシースターシリーズを愛する方々からすれば「なんだ貴様のようなひよっこ」とせせら笑われそうですが、それなりに長いと思います。
今年の12月で24歳……つまり私はファンスタ歴10年以上ということになります(!!!)

自分で書いて驚いてしまいますね……PSUを触ってないので、一時的には慣れてはいましたが。
プレイしたのはPSO→pspo2→pspo2i→PSO2といったところですね。
アレ、プレイしたシリーズ数はそんなでもないぞ……

ただ、一つ一つはそれなり(←ここがとてもじゅうようです)にやり込んでいると思います。
PSOはソロで取り敢えず東天の塔クリアまではこぎつけました。西天は……ハイ
pspo2は始めた時期がpspo2i発売間近ということもあって、ほぼレベ上げしただけといった感じでした。
pspo2iは語るまでもないですね。ドハマりもドハマりですよ
PSO2から知り合った方はご存じないでしょうが、このブログはもともと「pspo2iの日常」というタイトルでやっておりました。(PSO2から知り合った方がこのブログを見てるかどうかという点はさておいて)
pspo2iは、私がブログを始めるきっかけにもなった、偉大なゲームなのです!!
過去に何度かブログをやったことはありますが、三日坊主気質なものでどれもこれも長続きせず……
更新がとぎれとぎれにはなりながらも、このブログも来年の3月……つまり今年度で4歳を迎えるわけです。
自分で書いていて本当に驚きますね、長続きなんてレベルじゃないでしょ!
実際の人間だったら、赤ん坊から育って歯が生えて立って言葉をしゃべって多少なりとも意思疎通ができるくらいには育っているんですよ、もう感動モノですね!(?)


と、横道にそれまくってしまいましたが、じゃあこの俺様がファンタシースタシリーズをこれまでプレイしてきて何を思ったのか?というのが今回の本題です。

私はオンラインシリーズをメインに(というかそれしかプレイしてないけど……)してきたので、その観点で感想を述べていきます。
このゲームには基本的に、「終わり」というものが「決められていない」です。
ストーリーこそありますが、ストーリーが終わったらそこで終わり、といったRPGではなく、むしろそこからが本当のスタートというか……それどころかPSO2ではストーリーまったくやらなくてもほとんど問題ない始末(ビンゴは諦メロン!)
このゲームは、より自分好みのキャラクターを作って、よりその好きなキャラクターを強くするために、より難しいクエストに挑んで、さらに強い武器を手に入れて……この繰り返しです。
よくいえば、自分が辞めたいと思うその時までずうーっとどこまでも楽しめるゲーム、悪く言えば単純作業地獄です。

終わりがあるゲームには、そのゲームなりの良さがあります。
目的がはっきりしているので、その分終わったときの達成感は確実に得られるでしょう。
ゲームの質次第ってのもありますが、それは一先ず置いておいて。
逆にPSO2のように終わりのないゲームは、目的がはっきりしていません。
皆さんも経験あるのではないでしょうか?
まだ始めたてほやほやの弱かった頃には「今日はレベルを上げよう!」「今日は強い武器を手に入れよう!」「今日はメセタを稼ごう!」とか色々な目的があることでしょう。
では強くなって、ある程度武器もそろって、クエストも粗方クリアして……ある日ログインしたときにふと思う「今日は何をしよう」。
PSO2のように終わりのないゲームは、「明確な目的」は「設定されていない」んです。
モチベーションの上げ方はそれこそ、人生と同じように無限にあるかもしれません。
例えばフレンドとのチャットをモチベーションにする人、例えば野良で大活躍することをモチベーションにする人、例えば自キャラにあんなことやこんなことをすることをモチベーションにする人……十人十色とはよく言ったもんです。(白目

「今日は何しよう?」は私も正直ログインするたびに思っているといっても過言ではありません。
そのあとはなんとなーくクエストに行ったり、なんとなーくお金稼ぎをしたり……本当に適当にやってます。
一人だとその選択肢は必然的に狭まりますが、幸いにも今私は素晴らしいチームメンバーの方々に恵まれています。
それもまたモチベーションの維持に繋がっているところがあるので、チムメンさんには本当に感謝感謝です。

何を話したかったのかよくわからなくなってしまいました。
まあ、PSO2やってる方、頑張ってる方、楽しんでる方、これからも一緒に楽しんでいきましょう。
たとえ別の船だとしても、同じPSO2プレイヤーとして、PSO2を賑やかにしている一員であることに変わりはないですし、そういった楽しんでプレイしている方々が他にいるんだなーっていうのはとてもうれしいことです。
やっぱり、人はいないよりはいる方が楽しいですからね。
そしてやめようかなって思ってる方、やめる前に俺のチームに入るんだ!絶対楽しいぞ!!!
という冗談はさておくとして、それもまたいい選択だなって思います。
やめる方にはやめるなりの色々な事情があると思うんですよ。
飽きたーっていう単純に聞こえる理由でも、それはちゃんとした理由なので。
正直最近のPSO2は、マンネリ感があるのは否めません。
武器やらステータスやらユニットやら、アークス側ばかり強化されて、エネミーの強化が全くないんですよ。
強い武器を手に入れても振り回しようがないんじゃ、家に飾ってある模造刀と変わんないよおおおおーーーーおっひょあああああああああーーーーー!!!
なので、飽きるっていうのは仕方のないことだな、と私は思います。

ちょっと何を言いたかったのか本格的にわかんなくなってきちゃったので、今日はこの辺にしておきます。
ここまで読んでくれた方、いるかどうかわかりませんが、読んでくれたら有難うございます。
読んでなくても有難うございます。
それでは。

次回の更新はVideoPadがちゃんと仕事したら。(真面目に頼むよ)
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。