FC2ブログ

しかし〇〇に電流走る――――!(物理)

白刃「……ん?」
レイ「……」
白刃(……)
レイ「……ふへへへへ、これでよし……うひひひひひ」
白刃(まーた何か企んでますね……)

白刃「何してるんですか」
レイ「うわっぴゃ!」
白刃「またよからぬことを企んでますね」
レイ「そ、そんなことないよお~」
白刃「……今度は文房具ですか? 世界一書きやすいボールペンとか?」
レイ「いや、その」
白刃「ひぇん!!」
レイ「……」
白刃「……」
レイ「……ぶっぷぷぷ……」
白刃「……やられた」

レイ「いや、そんな怒るなよ! ってか勝手に触ったんだろ!」
白刃「もしかしてこれ全部電流流れる系ですか」
レイ「そう」
レイ「この数々の日用品を皆が出かけてる間にこの電流グッズとすり替えておいて、お前らの反応を楽しむ! 予定だったんだけど白刃はもう引っかかっちゃったから今回は楽しむ側だぜ。 よかったな!」
白刃「でもこれ結構痛かったですよ? 一応威力とか検証した方がいいんじゃ……」
レイ「えー、でもジョークグッズだぜ……?」
白刃「……一応」
レイ「え、じゃあお前やれよ……」
白刃「いや、こういうのは仕掛け人が責任もってやらないと」
レイ「ええええやだやだ!!」
白刃「じゃあだめですよ」
レイ「え、待って、お願い手伝って」
白刃「お断りします」

レイ「もー……白刃の命令じゃ聞くしかないじゃんかよお……」
白刃「壊れてたらどうするんですか」
レイ「それですごい電流流れたりとか? ないない!」
白刃「絶対?」
レイ「……ううう~」
レイ「……ボールペンは白刃やったからノーカンにして?」
白刃「まあそれはいいですけど」
レイ「じゃあまずは……これから行くかあ」
白刃「ホッチキスですか……」
レイ「やだなあ、こういう握る系は強そうな……うあいでッ!!」
白刃「うわ痛そう……」
レイ「殺す気かよ!」
白刃「試しておいてよかったですね」
レイ「やってみろよマジで死ぬよ?」
白刃「いや生きてるじゃないですか……いっだ!!」

レイ「次はこれだな……」
白刃「印鑑ですか……使うタイミング限られそうですけど」
レイ「これ多分押したらビリー来るやつでしょ」
白刃「なんか外国人の名前みたいな……ビリーさんが来るみたいな感じに聞こえちゃいますね」
レイ「うるせえよいきまーす」
レイ「……あれ? ……あら?」
レイ「…………おあぁん!」
白刃「ちょっと調子悪いんですかね?」
レイ「でも電流流れるから使います……」

レイ「早くも身体の限界を感じてるよアタシは」
白刃「っていうかこれよく見てみたら確実に日常生活で使いそうにないものもありますよね……これとか」
レイ「メジャーかあ……これどうやってビリーなるんだろ」
白刃「金属のところ触ったらなるとか……」
レイ「それならワンチャンあるなー、メジャー取ってーとか言って触らせれば……なんないわ」
レイ「なんで? どうすりゃビリーィ!!!」
白刃「ぶっ!!」

白刃「引っ張ったらなるんですね」
レイ「しかも10㎝しか出ねえじゃんこのメジャー」
白刃「実用性……」
レイ「これ誰も引っかからなさそうだなあ……次!」
白刃「これも微妙じゃないですか? 電卓……」
レイ「……」
白刃「今時電卓なんてわざわざ使わなくないですか? 携帯で十分……」
レイ「なんか失敗しそうじゃねえかよ」
レイ「アタシが痛い思いして終わりとか勘弁してくれよマジで」
白刃(有り得る未来)
レイ「これは……? ボタンがダミーじゃねえか! 押せねえよ!」
白刃「一発でバレますねこれは……」
レイ「どっか一か所だけ押せるとかそういうパターンなの? いだああああああ!」
白刃「よりによってクリアボタン……」
レイ「数字も入ってねえのに誰がクリアボタン推すんだよぉ……ふほほおおおお……」
白刃(泣いてる……)

レイ「もうやだこれ……ターゲットをハメる前にアタシがくたばっちまうよ……」
白刃「止めればいいじゃないですか」
レイ「ここまでやってそれもなんだかなー」
白刃(なんなんですか)
レイ「次はミニ懐中電灯! これはもうわかりやすいぜ」
白刃「きっと電源ボタンがビリーなんですよね……」
レイ「……」
白刃「……」
レイ「……これわかっててやるのが一番嫌なんだよお~」
白刃「そんな泣きそうな目で見つめられても……」
レイ「せーの、うあいだあだだだだだ!!!」

白刃「一々心の準備してるからより怖く感じるんじゃないですか?」
レイ「……そうか、それもそうだな! おし、パパっと行くぜ!」
レイ「ライター! どうせカチっとまわしたらほあででででで!!」
レイ「次! 携帯電話! ……これどこ? これも電源ボタわちゃだあああ!!!」
レイ「次! リモコン! これは全部ボタン押せるタイぽだだだだだだ!!!!」
レイ「次! 手りゅう弾型のおもちゃ! うおらーあああいだああああああああああ!!!」
レイ「………………」
白刃(死んじゃった……)

白刃「この手りゅう弾型の玩具って……絶対引っかからないですよ」
レイ「しょうがないじゃん買っちゃったんだから!!」
レイ「しかもソイツだけ妙に強力で本気で死ぬかと思ったからね。 なんとしてもそれだけは触らせたい」
白刃「無理だと思いますけどね……」
レイ「もし無理だったら白刃に食らってもらうぜ!」
白刃「お断りします」


レイ(……よし! セッティング完了……!)
白刃「レイさん、そんな顔してたら一発でバレますよ」
レイ「わ、わかってるけど……うひひひ……今から楽しみでしょうがない!」
レイ「お前絶対言うなよ! ルーノにも言っちゃ駄目だからな!」
白刃「わざわざそんなの言いませんよ……」
レイ「……! やべっ、帰ってきた! そんじゃ頼むぜ!」
白刃「私は何もしませんからね」

ミラ「ただいま……」
白刃「おかえりなさいー、 どうかしたんですか?」
ミラ「いや、ただ疲れただけだ……コイツのせいで」
ブラッド「またそういうこと言うー。 今回は俺大活躍だったでしょ!」
ミラ「どこがだ!」
クロス「8割逃げ回って2割寝そべってたな」
白刃「最低じゃないですか……」
ブラッド「それほどでもない」
白刃「褒めてませんよ……ルーノさんはどうしたんですか?」
クロス「さあ? 今日は別々で動いてたからな」
白刃「あ、そうですか」

クロス「……」
ブラッド「……ふァーあ」
ミラ「……」
白刃(皆テレビとかPC見ててとても触りそうな雰囲気じゃないけど……)
レイ(……クソがああああああ)
白刃(案の定ものすごい顔してた……)
レイ「……!」
レイ「ルーノ……あれ?」
クロス「ルーノならまだ帰ってないぞ」
レイ「あ、そうなの」
レイ「じゃあクロスでもいいや」
クロス「なんだお前、またなんかよからぬことを企んで……」
レイ「ちょっとトイレ行きたいからその間にこのレポート、ホッチキスで留めておいてもらってもいい? 左上ね」
クロス「は? 自分で留めればいいだろ」
レイ「ごめんそれ急ぎなんだよ、頼むよー」
クロス「おいおい……全く」
ミラ「レイは今日休みじゃなかったのか?」
クロス「だと思ったんだが任務行ったのか」
白刃(……あ)
レイ(取った……!)
クロス「はあ……どっち留めだこれ」
レイ(そんなんどうでもいいから早くパッチンしろ! ビリーしろ!)
クロス「……おあっ!?」
ミラ「!?」
ブラッド「なんだ?」
白刃(……ぷぷっ)
レイ(……っ~~~!!!)
クロス「……くっそやられた……あの野郎」
ミラ「どうしたんだ?」
クロス「これ、留めてみろ」
ミラ「え?」
クロス「いいからいいから」
ミラ「えーなんか嫌な……あひッ!?」
ブラッド「なになになんなの?」
クロス「しょうもない真似するなあのバカ……」
ミラ「電気が……ビリッときた」
ブラッド「レイちゃんが仕掛けたの?」
クロス「アイツがこれ留めろって言ったし、明らかに怪しい……」
ブラッド「レイちゃんそんなことする子だったの……」
クロス「お前が知らないだけでこの前もアイツの悪ふざけに泣かされまくったからな、俺たちは」
ブラッド「でも手のかかる子供って可愛いよね」
クロス「地獄に落としてやろうか?」
ブラッド「ひえっ……」

レイ「いっただきまーす!」
クロス「レイ、お前あのホッチキスまたなんか仕掛けただろ」
レイ「引っかかっただろ」
ミラ「毎度ながらどこから探してくるんだあんな下らないもの」
レイ「お前のビリーした時の声! ほんと笑いこらえるの大変だったぜ」
ミラ(ルーノがいなけりゃ亡き者にしてるところだぞこのアマ……!)
ルーノ「少し帰るのを遅くして正解だったな、引っかかりようがなかった」
レイ「ルーノ嵌められなかったのは残念だったなー」
ミラ「白刃さんも引っかかりようないだろうな。 料理や掃除で忙しいだろうし」
白刃「まあ……そうですね」
白刃(実際は知ってるから引っかからないだけなんだけ……あれ?)
白刃(どの日用品がビリーなのか忘れちゃった……まあいいや)
クロス「お前はそんなことに金を使ってるから金欠なんだ」
レイ「うるせーよ、お前のスイーツ狂だって同じようなもんじゃねえか」
ブラッド「いやーでもレイちゃんのドッキリ俺も食らってみたかったなあ」
クロス「第三者は気楽なもんだな」
レイ(ばーーーーかーーーーめーーーーー!! どいつもこいつも勝手に終わったと思い込んでるなー! 本当の地獄はここから始まるのだー!!!)
白刃(……今ならこの人が何考えてるのかわかる気がする)


ルーノ(さて、報告書を書くか……)
ルーノ「……」
レイ「何、レポート?」
ルーノ「ああ」
レイ「はい、ボールペン」
ルーノ「ありがとう」
ルーノ「……うぉおっ!?」
レイ「……っくふはははは……あははははは!」
ルーノ「……もーーーーお!」
レイ「あはははははははは!!!」
ルーノ「またかあ……やられた……!」
レイ「おひゃははははははは!」
ルーノ「え? 何個仕掛けたんだこの電気のやつ」
レイ「秘密ー」
ルーノ「ってことはまだあるのか……」
レイ「ふひゃひゃひゃひゃはははは!」
ルーノ「いや、俺はもう引っかからないからな」
レイ「それはどうかなー?」
ルーノ「俺はもうお前のこと深遠なる闇より警戒してるからな」
レイ「そこまで言う?」

ミラ「……???」
ミラ「……手りゅう弾……?」
レイ(おお、好奇心旺盛なバカがいた……!)
ミラ「…………こんなもの取りに来たんじゃなかった」
レイ(戻しやがった……)
ミラ「……」
レイ(リモコン取った!!)
ミラ(こんなヤツだったっけ……)
ミラ「……おあっ!?!」
レイ「ぶふっ!」
ミラ「……貴様ぁ」
レイ「なに?」
ミラ「この……!」
レイ「うわうわうわああああ!!」
白刃(意外と引っかかるもんですね)



-1週間後-



レイ「あーもー疲れたー」
クロス「ふうー」
ルーノ「ただいま」
白刃「おかえりなさい、お疲れ様です」
レイ「この初期メンバー3人組で任務するの久々だったよなあ」
クロス「そうだな」
レイ「ルーノがいっつも単独で出かけるからさあ」
ルーノ「そうだな」
レイ「そうだな、じゃなくてさ! 誘ってくれてもいいんだぜ?」
ルーノ「たまに誘うと断られることの方が多いからな……」
レイ「行く場所が危険すぎるんだよ! もっと楽に稼げるところにしようぜ」
クロス「ワガママなヤツだな」
レイ「うっせバーカ。 こんな仕事にやりがいもへったくれもあるかよ。 さーてさっさと報告書終わらせよ」
レイ「はーよっこいほあっちゃちゃたたたたた!? いたっ!? なに!? なに!?」
クロス「ぶっはははははははは!!!」
白刃「ちょっ、レイさんそれ!! ふは、あははははははははは!!」
ルーノ「レイ、お前自爆だぞそれ……ぷぷ」
レイ「……あ゛ーーーーーーーー!!! 忘れてたあああああああ!!!」
レイ「もおおおおおお……引っかかったらしまっとけやてめーらァ!」
クロス「うっせバーカ」
白刃「完ッッッ全にただの自業自得というか、因果応報というか」
クロス「お前面白いな!」
レイ「ぢくじょおおおおおおおおおおお!!」
スポンサーサイト

COMMENT 0