FC2ブログ

女の子とは乙女とは!

レイ「……ミラ」
ミラ「ん?」
レイ「アタシはてめーが嫌いだーッ!」
ミラ「……」
レイ「何が嫌いか! すべてが嫌いだ! お前の存在が許せねえ!」
ミラ「……」
レイ「だから今日こそは……今日という今日はてめえを完膚なきまでに叩き潰す!」
クロス「うるさいぞレイ!!!」
レイ「……」
ミラ「……ぷ」
レイ「笑ってんじゃねえ!!」

レイ「お前はぶっちゃけルーノのことどう思ってんの? 何を思ってあんなにベタベタくっついてんの?」
ミラ「お前に言われたくない……」
レイ「アタシはルーノが好きだからベタベタしてるんだよ!」
レイ「お前は何!? なんなの? ルーノをどうしたいの?」
ミラ「仲間なんだから一緒に任務に行ったり昼ご飯に誘うくらい普通のことだろ」
レイ「アタシの特権だよ!!!」
ミラ「白刃さんはどうなんだ?」
レイ「……あー」
ミラ「……?」
レイ「白刃も潰すか!!」


レイ「というわけで……お前らには死んでもらうぜ」
白刃「なるほど、ルーノさんに近寄られるのが気に食わないと」
ミラ「す、すまない白刃さん……私が余計なことを言ったばかりにこんな下らないことに巻き込んで」
白刃「まあいいですよ……レイさんの下らないお遊びにはもう慣れっこですから」
レイ「ククク……そんな呑気なセリフがコイツを見ても吐けるかな?!」
レイ「お前らにはコイツを食って潰れてもらうぜヒャッハー!!」
白刃「!?」
ミラ「?!」
白刃「な、なんですかそれ……」
レイ「……ククク、見ての通りバグ! 虫さ……」
白刃「……」
ミラ「お、お前正気か……」
レイ「こっちはチョココーティングされた低難易度……バッタチョコとサソリチョコ」
白刃「い、いや……低難易度って……」
レイ「そしてこっちは全くコーティングも何もされてないマジモンのそのまんま虫! カブトムシとコガネムシとサソリとタランチュラだぜ……フフフ」
ミラ「毎度毎度どこから仕入れてくるんだそんなもの……」
レイ「ルールは簡単!減点制のポイント勝負で、最後に一番ポイントが高かった奴の勝利! ジャンケンで負けた奴が虫食いにチャレンジして完食できればポイント変動なし、ゲ〇ったり完食できなかったりしたらマイナス1pt」
白刃「……ああもうどうしてこんなことに」
ミラ「す、すまない白刃さん……私が余計なことを言ってしまって……」
レイ「降りるなら今の内だぜヘッポコちゃん。 物理的にも精神的にもKOして二度とルーノに近寄れない身体にしてやるぜ」
白刃「なんて自分勝手な人なの……」
ミラ「いい機会だから痛い目に遭わせた方がよさそうだな」
レイ「へっ、やる気満々じゃねーか!」
白刃「……あの、どうしてもやるなら一つ条件があります」
レイ「あ?」
白刃「レイさんがこの勝負に勝ったら、私とミラさんは金輪際ルーノさんとベタベタするなと言いたいんですよね」
レイ「そう!」
白刃「逆もまたしかりでいいですよね?じゃないと不公平じゃないですか」
レイ「……逆とは」
白刃「そんなのもちろん、私が勝ったらお二人は二度とルーノさんに近づかないでくださいね? ということです」
ミラ「んなっ……!?」
レイ「そ、それはちょっと……」
白刃「どうしてですか? いいじゃないですか、元々レイさんの目的はルーノさん争奪合戦で私たちを潰したい……でしょ?」
レイ「むぐぐぐ……」
白刃「じゃあ決定ですね」
ミラ「ちょ、ちょっと待ってくれ白刃さん、なんでそんな……!?」
白刃「えー? 私は誰かさんの失言で巻き込まれただけの被害者ですし……このくらいのスリルの後付けくらいは許してもらえると思ってましたけどね」
ミラ「う、ううう……」
ミラ(ダメだ……顔は笑ってるけど目が笑ってない……)
レイ(勝たなきゃヤベエ……勝たなきゃ色々な意味で終わる!)

レイ「おっしゃあ……まずはコイツから行くか、バッタチョコ」
ミラ「こ、これって極論を言えば、ジャンケンで全負けしても全部食べ切れば引き分けで終わるんだよな?」
レイ「まあそうなるな」
ミラ「よ、よし……」
白刃「”よし”なんですか……?」
レイ「コイツに全部食わせようぜ」
白刃「それも面白そうですね……」
ミラ「な、なんなんだよ! なんで二人が結託してるんだ!」
レイ「それじゃ行くぞ恨みっこなし! 最初はグー! ジャンケン……!」

「「「ポン!!!」」」

レイ「いよっしゃああああああああああああ!!!」
白刃「やったああああああああああ!!」
ミラ「あああああああああああああっっ!!!!!」
レイ「っしゃあ! おら見たかコラァ! ざ~~~こ!」
ミラ「……くっそおおおお」
レイ「はい、というわけでミラがバッタチョコを食べまーす」
ミラ「うわ、でか……」
白刃「うわあ……これキツくないですか?」
レイ「まあでもチョコだからな、甘みでなんとかなるんじゃね?」
ミラ「他人ごとだと思って……」
レイ「それではチャレンジスタート!」
ミラ「……っ!」
ミラ「……」
ミラ「……」
レイ「……お?」
白刃「どうです?」
ミラ「……そうでもない」
レイ「おー、なんだよ」
白刃「美味しいんですか?」
ミラ「いや、美味しいか美味しくないかで言えば比較的美味しくない。 食べないに越したことはないけど食べれなくはない」
レイ「はい、っつーわけでまだポイント変動なしだな」


レイ「次! サソリチョコ!」
ミラ「サソリってそもそも食えるのか?」
白刃「毒とかありそうなイメージですけどね……」
レイ「食えないもん売らないだろ」
ミラ「そりゃそうだが……」
レイ「それじゃいくぜー、最初はグー! ジャンケン」

「「「ポン!!!」」」

レイ「あいこでー……」

「「「しょ!!!」」」

レイ「いよっしゃああああ!!」
白刃「やはあああああ!」
ミラ「ちょ、ちょっと待ってちょっと待って!!! なんで!? なんでなんで? おかしいおかしいおかしい!!」
レイ「はい、ミラが2連続で虫食いチャレンジね」
ミラ「はあ~……」
白刃「ご愁傷さまです」
レイ「もうお前ゲテモノキャラでやっていこうぜ」
ミラ「ふざけんな……」
レイ「ではどうぞ!」
ミラ「はー……」
ミラ「……んがっ」
レイ「お? ゲ〇? ゲ〇?」
ミラ「あ、あひ……あひが刺さった」
白刃「歯の間になんか挟まってますよ」
レイ「ぶはははははは!!!」
ミラ「サソリの足が……」
白刃「どんな感じですか?」
ミラ「さっきよりマシだな。 チョコの比率が多いせいか、食感以外は完全にチョコだ」
白刃「へえ~」
レイ「これマジでミラ全負けあるぞ~」
ミラ「次こそは……」

レイ「さーていよいよもうそのまんまのヤツしか残ってねえぞ……どれから行く?」
ミラ「……どれもキツそうだな」
白刃「タランチュラは絶対最後ですよね」
レイ「コガネムシも結構キツそうだぜ」
白刃「でもコガネムシとカブトムシって似たようなもんだと思いますよ」
レイ「あーそっか……」
ミラ「じゃあサソリから行くか? 今サソリだったし」
レイ「だな!」
白刃「チョコになってないだけで相当難易度上がってる気がしますねこれ……」
レイ「まーでもサソリチョコで結局ミラ負けてるから、またサソリをミラに食ってもらって食べ比べレポしてもらおうぜ」
白刃「あーそれいいですね!」
ミラ「なんなんだよもう!! 味方がいない!! 絶対やらないからな私はー! 勝つぞ! 勝つぞ! 勝つぞ!」
レイ「自己暗示してる」
白刃「あははは!」
レイ「それじゃいくぜ! 最初はグー! じゃんけん」

「「「ぽん!!!」」」

レイ「うわうっそ!!!!」
白刃「うわああああああ!!!」
ミラ「イヨッッッッッシャ!!!!! っしゃあ!!! っしゃあ!!!」
ミラ「見たか? 見たか? ふぁはははははは!! あー気が楽だなあ! あはははは!」
白刃「ぐうううううう……!」
レイ「ムッカつくなあこのクソ……!」
レイ「ちくしょう負けられねえ……冗談じゃねえぞクソ」
白刃「……よし決めた」
レイ「行くぜ!」
レイ「最初はグー! じゃんけん」

「「ぽん!!」」

レイ「いやああああああああああああ!?」
白刃「やたああああああああああ!!」
レイ「嘘だろおおおお……!」
レイ「あーもう最悪……ウヴォエ!!!」
白刃「え? 臭いそんなにキツいですか?」
レイ「めっちゃ臭い……ちょっと嗅いでみろよ」
白刃「……う゛っ!」
ミラ「……ぐえぇっへ!!」
レイ「まーじかよ……これ食うの……?」
白刃「泣きそうになってる」
レイ「くせえよお……」
ミラ「身から出た錆」
白刃「因果応報」
ミラ「自業自得」
レイ「うるせえな食えばいいんだろ! 食えば!」
レイ「いただきます!!」
レイ「……ウオオオエ!!!」
白刃「あああ危ない危ない!!」
レイ「……ンッ……! ンゲッホ……!」
ミラ「耐えてる……」
レイ「っっっ~~~!」
白刃「!」
レイ「……ぶへえええ……もうやだあ……」
白刃「涙がすごい……」
ミラ「これはこの先本当に負けられんな……」
レイ「マジでそうだわ……本気できついわこれ」

レイ「次はカブトムシで行くかあ」
ミラ「一気にテンション下がったな……」
レイ「あのさあ、一つ提案なんだけどさ……」
白刃「なんですか?」
レイ「……」
白刃「?」
レイ「……なんでもねえよ!!」
ミラ「なんだコイツ」
レイ「てめえら絶対地獄見せてやるからな覚悟しとけいくぞ!!」
レイ「最初はグー! じゃんけん」

「「「ぽん!!!」」」

レイ「うおおおお……」
白刃「……ふう」
ミラ「……怖いな」

レイ「……あいこでー!」

「「「しょ!!!」」」

レイ「おっっしゃらあああああああああああああああああ!!!!!」
白刃「ひゃはああああああああああああ!!!」
ミラ「いやあああああああ!!!!!! なんでだよおおおお!! なんで!! なんで!!」
レイ「お前ジャンケンよっわ!!」
ミラ「……ちょっと真面目にジャンケンの修行したくなるなこれ」
白刃「ミラさん今のところ4回中3回負けですか」
レイ「逆にすごいよな」
ミラ「カブトムシかあ……」
レイ「それじゃオープン! …………ヴォエ!!!」
ミラ「また臭いパターンかあ……」
白刃「虫は全部臭いんじゃないですか?」
レイ「サソリと同じくらいキツい」
白刃「……うはー」
ミラ「……うえっ」
レイ「それじゃあ実食!」
ミラ「……いただきます」
ミラ「……!」
レイ「お?」
白刃「?」
ミラ(……なんか、汁みたいなのが噴き出……っ~~!!?!?!)
ミラ「オゲエエエエエaaaaaaaッ$$%#*?<+!!!!!!!」
レイ「おわああああああっ!?」
白刃「いやあああああ!!!」

レイ「バケツ用意しといてマジでよかった」
白刃「いやあついにゲ〇が出ましたね!」
ミラ「なんで嬉しそうなんだよ……おぷっ」
レイ「これこのままいけばミラだけルーノ禁かあ、これは面白くなってきたぜ」
ミラ「っていうかちょっと待って、これ私もう勝ち目なくないか?! よくて引き分け?」
白刃「そうですね」
ミラ「………………」
レイ「アハハハハハハハハハ!!! その顔が見たかった!!! お前の! 絶望する! その顔が!!! アーッハッハッハッハッハッハッハ!!!」
白刃(レイさんのその顔も既にヒロインのものじゃないですけどね)

レイ「さーてここからはもうラスボス級だぜ……次はコガネムシだ」
白刃「もう名前から食べたくないですもんね……」
ミラ「負けられない……これ以上は負けられない……引き分けに持ち込むんだ……これ以上虫は食べないんだ……」
レイ「残り全部コイツに食わせてえな」
白刃「死んじゃうんじゃないですか?」
レイ「じゃあお前が食う?」
白刃「お断りします。 レイさんがどうぞ」
レイ「やーだね! お前の今日の晩飯コガネムシになれ!」
レイ「最初はグー! じゃんけん」

「「「ぽん!!!」」」

レイ「ぎゃああああああああ!!!」
白刃「よしっ!! よしっ!!!」
ミラ「くっそなんで!!! なんで!!!!!」
レイ「白刃マジでジャンケン強いな……」
ミラ「勝つ! 私は勝つ! 勝てる人間だ! 勝つんだ!」
レイ「まあでもコイツには負けねえし大丈夫か」
ミラ「行くぞ!!」
レイ「来いよ雑魚! 最初はグー! じゃんけん!」

「「ぽん!!」」

レイ「…………え? うそ!? うそ!!? 嘘だ嘘だ嘘だ!!!」
ミラ「勝ったあああああああああああ!!!!! っしゃあああああああああああああああ!!!」
レイ「うわマジかこれ……」
ミラ「見たかおらああああああああ! おるあああああああああああああ!」
クロス「やかましいぞ!!!」
ミラ「……」
白刃「ぷぷ」
レイ「いや笑えねえよー……」
レイ「コガネムシってマジ? 誰こんなの買ってきたの」
白刃「いやレイさんでしょ」
ミラ「ゲ〇あるかこれは……」
レイ「臭いがなければワンチャン……オア゛ッ!!!」
ミラ「うわくっさ!!!」
レイ「これやべえよ……」
白刃「いや近づけないでくださいよ!!」
ミラ「遠くでもわかるレベルだ……」
レイ「なんかしかもこれさあ、袋になんか汁ついてんだけど……ああああもうやだああああああああ……」
ミラ「ああ、なんかそれコガネムシ系統だと出るのかもな」
レイ「何それ……」
ミラ「私がさっきゲ〇った時も、なんか噛んだ瞬間変な汁が飛び出して、それがめちゃくちゃ臭かったんだよ」
レイ「マジかあー……」
白刃「前情報聞いたら心の準備できる分有利になるんじゃ?」
レイ「いやいやいや、余計食いづらいわ……わかっててやるのが一番怖いんだよ……」
ミラ「さあそろそろ行ってもらおうか?」
レイ「……クソがああ!! 行ってやろうじゃねえか!! 見とけよてめえらァ!」
レイ「こんなもんはな? 所詮シュールストレミングに比べれば楽勝な臭いじゃねえか! 余裕よ余裕!!」
レイ「あむ!!」
レイ「……」
ミラ「……」
白刃「……」
レイ「……」
レイ「…………」
白刃「……反応がないですね、意外と大したことない?」
ミラ「まさか余裕なのか……?」
レイ「……はみ」
ミラ「ん?」
レイ「噛みたくないぃ……」
白刃「コガネムシ丸呑みするんですか?」
レイ「んん゛! ンンン!!」
白刃「??」
ミラ「コガネムシって言うなってことじゃないか?」
白刃「あー」
白刃「でも丸呑みは本当に危険ですよ? 足とか刺さっちゃうかも……」
レイ「ンンンヴヴォエエエエエッッッ&%$?<@"$#!!!」
ミラ「あーーーいったあああああ!!」
白刃「やったあああああああ!」

レイ「これズルくない? 白刃のせいでしょ完全に」
白刃「いやいや、結局噛むことすら出来てなかったじゃないですか」
ミラ「あの大きさで丸呑みできるわけもないしな」
レイ「噛めれば勝ってたんだよ!!」
白刃「さっさと噛めばよかったじゃないですか」
レイ「うっさい!!」
白刃「取り敢えずこのまま行けば私の一人勝ち確定ですね」
レイ「くっそ……」
レイ(……おいミラ、気に食わねえけど共同戦線だ! 白刃嵌めんぞ!)
ミラ(……気は進まんが仕方がない。 このまま勝たせるわけにはいかない)
レイ(チョキ出すぞ! コイツ初手で勝つときはいっつもパーで勝ってるからな! あと初手グーは今のところないから、悪くても……)
白刃「ちょっと何やってるんですか、ずるいですよ!!」
レイ「よーし行くぞー!! ラストはタランチュラだ!」
白刃「……これは負けられないヤツですね、二つの意味で」
ミラ「……」
レイ「行くぜ! 最初はグー! じゃんけん!」

「「「ぽん!!!」」」

レイ「おしゃあああああああああー!!!!」
白刃「ああああああああああ……!!!」
ミラ「っしゃああああああああああああああ!!!」
レイ「やった! やった! やった! やった!」
ミラ「やった! やった! やった! やった!」
レイ「いえーい!!」
ミラ「いえーい!!!」
白刃「…………」


レイ「それじゃあ……オープン!」
ミラ「うげっ……」
レイ「うわあグッロ……」
白刃「えええ……!? これ、これ私食べるんですか!?」
レイ「うははははは!! そうだよ!」
ミラ「いやーよかったよかった! もう今までの負けなんかどうでもよくなったよ!」
レイ「これ100%吐くだろ!」
ミラ「引き分け確定だな!」
白刃「……」
白刃「これで完食すれば私の勝ちですよね?」
レイ「出来るわけねえだろ!」
ミラ「悪いが、いくら白刃さんでも無理だ」
ミラ「だってほら臭い……」
白刃「うぶぷっく……!!!」
レイ「この見た目でこの臭いはやべえよ」
白刃「……これは美味しいチョコレート、美味しい美味しい世界に一つしかない絶品チョコレート……」
ミラ「自己暗示きた……」
レイ「……」
白刃「いっただきまーす」
ミラ「……」
レイ「……」
白刃「あ、美味しいー。 美味しい。 うん、すごくおいしい」
白刃「オイシイ……オイシイ……チョコ……オイシイ……」
レイ「……クモです」
白刃「チョコ……これはチョコ……私が食べているのはチョコ~……」
レイ「思いっきりタランチュラです」
白刃「うるさい」
ミラ「白刃さん……残念だが」
レイ「蜘蛛です。 これです」
白刃「チョコチョコチョコチョコ……」
レイ「これです」
白刃「………………」
レイ「白刃、蜘蛛おいしい?」
白刃「……うぐっぷ……!!」
白刃「っ~~~……!」
ミラ(た、耐えた……!?)
白刃「……はあっ……はあ~~~っ……ふああ!!」
白刃「っっっよし……!」
レイ「え、嘘? 飲んだの? 嘘ぉ!?」
白刃「ないですよほら」
ミラ「なあああああ!?」
レイ「マ、マジかよおおお!!!? うわあああああああ!!!」

白刃「やっぱりね、女の子がゲ〇なんか吐いちゃダメですから」
レイ「……負けた」
ミラ「色々な意味で負けた……」
白刃「ゲ〇吐く女の子なんてルーノさんも嫌いだと思いますからね!」
レイ「ぐっぞおおおおおおおおおお!!」
ミラ「……」
白刃「じゃあ約束通り、私の勝ちで明日からルーノさんとのお話は禁止ですよ? お二人とも」
レイ「ええええ!! 待って、待ってお願いごめんなさい! それだけは!」
白刃「まあ永久にっていうのはかわいそうなので、最低一週間ですね」
ミラ「……こればかりは飲むしかない……タランチュラ食べ切って勝利を収めたんだから流石に逆らえない」
レイ「ううう……」
白刃「えへへー、じゃあその間にルーノさん頂いちゃいますね! ごちそうさまです!」
レイ「ちくじょおおおおおおおおお!!」
ミラ「私たちでは白刃さんにはまだまだ太刀打ちできそうもないな……」
レイ「ぐやじい゛!!!!!」




ルーノ「最近レイとミラが大人しいな?」
クロス「いいことだ。 特にレイはここんところ騒ぎ過ぎだ、このくらいが丁度いい」
白刃「代わりに私が一緒に騒がしくしましょうか?」
ルーノ「白刃さんが?」
白刃「一緒に身体動かすとか……どうです?」
ルーノ「そうだな、行こうか」
白刃(……)
ミラ(……っ~~~)
レイ(……ぐうううう……!)
白刃(……しばらくは楽しく過ごせそうですね!)
スポンサーサイト

COMMENT 0