FC2ブログ

準備!

白刃「暇な人ー!」
ミラ「はい」
白刃「えへへ、知ってました。 今日お休みなんですよね? ちょっとお手伝いをお願いしたいんですけど、いいですか?」
ミラ「ああ、なんだ?」
白刃「クリスマスの料理とかケーキ用の食材をちょっと買い出しに行こうかと思うんですけど」
白刃「荷物持ちを是非!」
ミラ「なるほど……わかった、行こうか」
白刃「やった! じゃあ早速行きましょうか!」

白刃「えへへ、なんかウキウキしちゃいますよね」
ミラ「そういうものかな」
白刃「アニマではクリスマスってなかったんですか?」
ミラ「ないな。 年末に1年お疲れ様っていうようなのはあったけど」
白刃「大晦日というやつですね」
白刃「でもでも、こういうお祝い事というか、パーティというか……そういうのって準備からもう楽しいですよね!」
ミラ「ああ、少しわかる気がする……多分以前の私ならさっぱりわからなかっただろうが」
ミラ「このチームにいると、いい意味で子供の頃の気持ちとかを思い出すことが多いからな。 なんだかんだで仲間っていうのはいいものだ」
白刃「たくさんで集まってどんちゃん騒ぎ出来るって面白いですよね」
ミラ「……これからその準備か。 なるほど確かに少し楽しくなってくるな」
白刃「ミラさんもだいぶ料理マスターしてきたんですし、今年は二人で色々作りたいなーって思ってるんですよね」
ミラ「いいのか?」
白刃「実際作りたいでしょう? ルーノさんいるし」
ミラ「……ま、まあ」
白刃「それじゃあ決定ですね!」
ミラ「はあ……」
白刃「え? どうかしました?」
ミラ「ああ、いや……白刃さんを見ているとなんだか思い出してな。 昔私の周りにいた”普通の女の子”もそんな感じだったな、なんて」
ミラ「私はそういうのとはかけ離れて、どっちかというと男寄りの振る舞いだったから。 友達も男ばっかりだったし」
白刃「わわ、実はたくさん男遊びしてた説ですか! 選び放題だったんですか!?」
ミラ「あるかそんなもん……」
ミラ「白刃さんみたいのは、なんていうんだろうな。 女の子だなあって思うんだ」
白刃「……ふーん」
白刃「ミラさんだって女の子じゃないですか。 ちゃーんとほらおっぱいが」
ミラ「わひゃあ!?」
白刃「いつまでも私なんて私なんてって言ってるキャラじゃないと思ってたんですけどねえ……意外や意外、恋愛には奥手なミラ・アルタイルちゃんなのであった……ということですかね?」
ミラ「んなこたどうでもいいからあひぁ! 揉むな!! 手を放せ手をー!!!」

白刃「ケーキ今年はどうしようかなあ。 ミラさん何か食べたいケーキとかあります?」
ミラ「うーん……私はなんでもいいよ。 無難にショートとかでいいんじゃないのか?」
白刃「ええー? せっかく皆で集まるのに、もっとビックリさせましょうよ」
ミラ「ビックリするようなケーキってどんなのだ……レイみたいにデスソースでも仕込むのか?」
白刃「あれはただの悪意の権化ですから置いといて」
白刃「私、一回でいいからあれ作ってみたいんですよね、ヘクセンハウス!」
ミラ「ヘクセンハウス?」
白刃「お菓子の家ですよ。 すごい可愛いんですよ、ちょっと待ってくださいね……」
白刃「ほらほら、こんな感じの……」
ミラ「へえ」
白刃「無感動!!!」
ミラ「だから私にそんな女の子な感性求められても……無理なんだよ」
白刃「またそうやってー」
ミラ「それにこんな小さなクッキーじゃ、ルーノ一人であっという間に食い壊しておしまいだろ」
白刃「そこは……ちょっと大きめのクッキーにして巨大ヘクセンハウスを……!!」
白刃「いいですね! 巨大ヘクセンハウス! 決定! 今年は巨大ヘクセンハウスを作りますよ!」
ミラ「ほお」
白刃「今回はミラさんもいますからね……きっとできます!」
ミラ「でもヘクセンハウスってこれミニチュアの家のことを指すって書いてあるけど……」
白刃「細かいことは気にしなーい」
白刃「材料が結構たくさん必要ですね。 ミラさんはこれ、探してきてだください」
ミラ「わ、わかった」
白刃「料理の材料は私が買い揃えますから、ミラさんはこっちのカゴにさっき頼んだものと、あとお菓子とか色々買ってきてください」
ミラ「私が選ぶのか?! お菓子なんて全然わからないぞ……」
白刃「んなもんそれっぽいチョコとかクッキーとかポテチとか選んでおきゃいいんだよウジウジ抜かすなはよ行け〇すぞ!!!!!!」
ミラ「は、ははははいいいいいいーーーーー!!!!!」
ミラ(まさかあんなキレ方するとは……普段怒らない人が怒ると怖いってのは本当だな)
ミラ「しかし、お菓子かあ……」
ミラ「……」


白刃「終わりましたー?」
ミラ「え……はや……」
白刃「おそ……」
白刃「あ、でも結構買って……」
白刃「……カルパス、あたりめ、小魚アーモンド……オヤジの飲み会か!!」
ミラ「いやチョコもこれから選ぼうと……」
白刃「いやいやそれにしたってこの量は……そもそもチームでお酒飲む人っているんですか? ブラッドさんは飲みますけど、あと飲む可能性があるとしたらクロスさんくらいでは?」
ミラ「別にこれは酒のつまみじゃなくても単体で美味しいだろ」
白刃(お酒のつまみ美味しそうに食べるミラさん……確かに女子力はちょっと、うんって感じ)
白刃「まあ一応お酒も買っていきますけど……!」
白刃「ああー、ははーん、なるほどー」
ミラ「?」
白刃「ルーノさんを酔い潰そうって魂胆ですね?」
ミラ「ばっ!? するかそんなこと!!」
白刃「あー! そんな強く否定するってことは半ば図星!? うそー!」
ミラ「違う!!!」
白刃「だってめちゃくちゃ焦ってるじゃないですか!! 少しは考えたりしたんですよね? 実は?」
ミラ「天地神明に誓って……していない……ッ!!!」
白刃(そこまでか)

白刃「でも実際ルーノさんってお酒飲むんですかねえ」
ミラ「……」
白刃「なんで黙ってるんですか?」
ミラ「余計なこと言うとまたからかわれるからな」
白刃「そんなことしませんよー、可愛いんだからもう」
ミラ(手玉に取られてる感じだ……くそ)
白刃「ルーノさんってきっとまだお酒飲んだことないですよね」
ミラ「……だろうな、恐らく」
白刃「飲んだ後どうなるか……見てみたくありません?」
ミラ「……別に」
白刃「……」
ミラ「……」
白刃「いきなり本能全開になって……襲われちゃったりとか」
ミラ「……」
白刃「泣きながら甘えてきちゃったりとか」
ミラ「……」
白刃「……フッ」
ミラ「ふひぃ!?」
白刃「とかされて……耳弱いのか……? とかいわれちゃっ」
ミラ「何がしたいんだアンタは!!!」
白刃「取り敢えず缶チューハイと、あとはブラッドさんが飲むのでビール。 それからワインとシャンパン買っていきましょう。 あとはジュース」
ミラ「そんなに買って、余ったらどうするんだ」
白刃「そんなすぐに腐るものじゃないですし平気平気」

白刃「やー、結構な買い物ですね」
ミラ「まあ人数が人数だしな……5人か」
白刃「6人ですよ。 クロスさん、レイさん、ルーノさん、ミラさん、ブラッドさん、私」
ミラ「あ、そうか」
白刃「誰省いたか当てていいですか?」
ミラ「いいよ」
白刃「ブラッドさん」
ミラ「正解」
白刃「あっはははははは!!」

白刃「いやーあの人もねー、黙ってればイケメンなんですけどね」
ミラ「そうか? 私はああいうなんていうか……苦手だけどな、ああいうタイプは」
白刃「ちゃらい感じですか?」
ミラ「多分そう」
白刃「ミラさんは硬派って感じですもんね。 多分相手にも硬派を求めちゃうんじゃないですか?」
白刃「まあルーノさんの見た目は硬派とはいいがたいですけど……」
ミラ「見た目が全てじゃないだろ」
白刃「そうですよお。 女の子だってそうです。 だからミラさんもあんまり自分を卑下しちゃだめですよ」
ミラ「別に卑下しているわけじゃないんだけどな……」
白刃「してますよお」
ミラ「だって実際自信がないんだから仕方がないだろ」
ミラ「よく戦いのときは自信満々なのにってブラッドにも言われるんだけどな、そりゃ当たり前だよ。 今まで私はずっと戦いに関しては磨き続けてきたモノがあるんだから、そこに自信があるのは当たり前だ」
ミラ「逆にその、なんだ……女の子らしさなんて私にとっちゃよく分からない世界なんだから、そんなところで自信を持てって言われたって無理難題もいいところだ」
白刃「なるほどぉ……聞けば少し納得って感じですね」
白刃「でもミラさんは女性としてはだいぶ魅力的だと思いますけどね。 なんていうんだろう、ボーイッシュっていうか。 そういうの結構好きな男の人っていますよ」
ミラ「でも白刃さんの目から見てって話だろそれは」
白刃「そうですよねえ、ルーノさんから見て魅力的じゃないと意味がないですよね」
ミラ「……別にルーノは」
白刃「……それ照れ隠しなのか本当に隠してるつもりなのかよく分かんないですけど、ミラさんがルーノさんのこと好きなのはバレバレですからね?」
ミラ「ぐ……」
白刃「実際どうするつもりなんですか? ルーノさんのこと」
ミラ「……」
白刃「本当にレイさんに取られちゃいますよ?」
白刃「私としては別にどっちでもいいですけど」
ミラ「まあ……それならそれで別にいいと思う」
ミラ「ルーノがそうしたいのなら、そうするべきだと思うし」
白刃「そこに自分が介入するのはちょっと……って感じですかね」
ミラ「そんなところ」
白刃「いいこと教えてあげましょうか」
白刃「実は私も、以前は今のミラさんと全く同じ考え方でした」
ミラ「へえ……意外だな。 白刃さんなら自分から積極的に行くかと思ったけど」
白刃「その人を幸せにすることが、本当に好きってことなんじゃないかなって……思っちゃいますよね」
ミラ「……まあ」
白刃「それが悪いこととは言わないんですけど……なんだろ、ちょっと違ったかなあって思ったりもするんですよね」
白刃「やっぱり後悔しちゃうじゃないですか、自分は」
ミラ「……」
白刃「自分の人生なのに、わざわざ後悔する道を選ぶのはどうなんだろうなって」
白刃「本当にその人のためなら大丈夫っていうならそれはいいことだし、きっと素敵なことなんだけど」
白刃「少なくとも私はそんな優しい人間にはなれなかったです」
ミラ「……」
白刃「自分に似てるせいかはわからないんですけど……いや、きっとそうなのかな。 とにかくミラさんには後悔してほしくないなって思うんです」
ミラ「……ん」
白刃「……クリスマスプレゼント、用意しました?」
ミラ「プレゼント……? いや、してないけど」
白刃「それじゃあ、もうちょっとクリスマスについてお勉強しましょうか。 荷物置いたら今度はプレゼント探しですよ!」
ミラ「ええ?」
白刃「クリスマスはそういう日なんですよ! ほら早く!」
ミラ「お、おい待ってくれ。 あんまり急いだら転ぶって……」




ミラ(ルーノにプレゼント……か)
ミラ(ううううん……)
ミラ「……これ、とか?」
白刃「……なんですかそれ」
ミラ「……はにわ」
白刃「店員さんすいませーん、これいくらで」
ミラ「ちょ、ちょっと待って!! 嘘だって!!!」
スポンサーサイト

COMMENT 0